鹿児島おやじのアフェリエイト

特産品、コレクション、趣味、色々のお買い物情報などの紹介します。

iPadがウイルスに侵されている

     iPadがウイルスに侵されている
 
Webサイトで普通の検索記事を閲覧していたところ、突然画面に「あなたのiPadはウイルスに侵されている(理由アダルトサイトを開いた)。」というメッセージが画面に現れました。
その下に「修復するには同意を押して下さい。」という文句が現れました。
 
アダルトサイトは開いてなかったし、突然のウイルスに侵されているということにびっくりしました。
同意ボタンは押さずに、すぐに画面を閉じました。
 
初めての経験で、iPadウイルス対策もしてなかったので、心配になりウイルス対策の2つのアプリ(ウイルスバスターとAvast Security)をiPadインストールしました。
2つのアプリでチェックしたところ、問題個所が1か所あるとのことで、修復しました。
 ※ 上記の「ウイルスに侵されている」とは関係はありませんでし
   た。
 
YouTube動画でスマホなどのウイルス対策を観てみました。
 
分かったことは
  • スマホは、pcみたいにウイルスが入ることはない。
  • 入るとしたらアプリからである。
  • しかし、Appstoreは厳重に管理されているのでそこから侵入する可能性もすくない。
  • メールで侵入の可能性がある。Gメールなら安心である。外のメールなどはフィルターを自分でかける必要がある。
 
「修復するには同意を押して下さい。」
もし、同意ボタンを押したなら、修復のアプリをダウンロードして下さいとのメッセージが出て、ダウンロードすると私の情報が盗まれるという被害に会ってたらしいです。
 
以前に、私のブログでも書きました。
iPadを観ているときに画面に突然「iPhonが100円で購入できます」というメッセージが出たことがあります。
100円で購入できるのは何とお得かと思ってつられました。
相手の指示に従って、クレジットカード番号をメールを送信したところ「送信不能」の文字がでてきました。
「送信不能」で安心していましたが、おかしいと思い、インターネットで同事例を検索したところフィッシング詐欺であることが分かりました。
 
すぐにクレジットカード会社にカードの閉鎖をお願いしました。
そのとき、会社の人は、金融会社にこのカードの支払いの関係の電話が数回来たという事でした。
幸いに、金融会社もおかしいと思って応じなかったのです。
「送信不能」のメッセージは嘘で、私の情報は送信されていたのです。
 
結論として
スマホタブレットなどでも、情報盗難、フィッシング詐欺が横行しているということです。
突然に来るので、怪しいと思ったら、不必要なクリックやメールでの情報送信を絶対にしないことです。
相手のURLを調べる、相手がどんな人会社かをチェックする、うますぎる話には乗らないことです。
 
私は、最近で2回もそれらに遭遇しました。
なんとか被害には会いませんでしたが!